シリコン入りシャンプーはなぜ悪いのか?

 

ドラッグストアなどでも気軽に買えるシャンプーやコンディショナーに含まれているシリコンとは、簡単に言えば髪の表面に付着して皮膜を作り、手触り感やツヤを向上させる成分のことです。

 

ノンシリコンの商品など自然由来の商品が増えてきて、「シリコン入りシャンプー=悪い成分」というイメージが定着していますよね。

 

でも知っておいてもらいたいのは、「必ずしも悪い成分ではない」ということ。

 

水分などをコーティングする機能があるため、特に傷んでしまった髪先のダメージ補修に使う場合は即効性も高くて効果的なんです。

 

シリコン入りを使い続けるデメリット

とはいえ、頭皮全体やまだそれほど傷んでいない髪には悪影響があるのもたしか。

 

冒頭にも書いたように、市販の商品の多くに含まれているシリコンは髪をコーティングしてくれる役割があるため、見た目の艶やスベスベ感を出してくれる効果があります。

 

ただ、見た目の髪質を良くする一方で、吸着力がとても強いために髪の表面をコーティングしてしまい、「パーマがかかりづらい」「カラーが入りにくい」といったデメリットを生むこともあります。

 

しかもシリコン入りの商品を使い続けることによって、頭皮の毛穴に詰まってしまって地肌の痒みやフケが出てしまったり、髪表面に付着する事による負担も大きくなってしまいます。

 

シャンプーだけノンシリコンで大丈夫なの?

そのため、シリコンを含まないノンシリコンのシャンプーが、フケや痒みなどの頭皮を優しくケアしたい方や、カラーやパーマにへこたれない髪を保ちたい方にいま人気で個人的にもおすすめですが、ちょっとした注意点があります。

 

それは、コンディショナーがシリコン入りによって、結果として付着させてしまう場合もあるということ。

 

同一メーカーであっても、シャンプーだけはシリコンを使っていないのを大々的に謳っているのに、同じ商品のトリートメントには普通にシリコンが使われているという商品も実はかなり多いんです。

 

ちなみに私が愛用している、さくらの森という会社が出しているハーブガーデンは、シャンプーもコンディショナーもノンシリコンのアミノ酸系となっています。

 

せっかく天然成分を配合したシリコン不使用のシャンプーを使っても、シリコン入りのコンディショナーを併用して髪全体に塗って数分間なじませたら意味ないですよね?

 

なので、もしノンシリコンの商品を使ってみたいなと思っている方に個人的にアドバイスをするなら、

・髪先が特に傷んでいる状態なら、短期目線で毛先だけにシリコン配合のトリートメントでまずは集中的に補修

 

・それ以外なら中長期的目線でノンシリコンのシャンプーとコンディショナーを使う

 

というように、自分の髪の状態を考えなたら使い分けるというのが私のおすすめの使い方です。