基本的なヘアケアの方法だけど実は忘れがちなこと

 

コンディショナーやトリートメントなど、後からつけると確かに指どおりの感じや髪の毛のパサつきなどもなくなり、髪質がよくなったように感じるのでヘアケアとして有効だと思います。

 

でも、ヘアケアの基本はシャンプー前に汚れをきれいに取ってあげる事だと思います。

 

油分やフケなどは私達の体内から出ますし、髪の毛は常に外にさらされているので汚れもつきやすいと思います。

 

髪の毛が汚れたままでコンディショナーなどをつけたとしても、かえって頭皮トラブルの元となり、かゆみやフケが増えてしまったりします。

 

そうならないように、シャンプーする前にはしっかりお湯ですすいでしっかり汚れを落とすことが大切です。

 

そして指だけでは落としけれないときには、シャンプー用ブラシを使うと有効です。

 

指では入りきらない隙間までしっかりマッサージすることができ、頭皮もきれいになりますし、マッサージもできます。

 

ブラシを使用すると髪の毛もキレイになりますし、頭皮がすっきりするので毛穴までしっかり汚れを落とすことが出来るんですね。

 

汚れをキレイに洗い落とした髪にこそコンディショナーなどが特に有効です。

 

指どおりの良さや艶をだそうとしてすぐに上乗りするのではなく、まずは根本から見直すのもヘアケアには大事なことです。

 

髪を乾かす時は摩擦に注意

お風呂から上がって濡れた髪を乾かす時は、いきなりドライヤーをあてて乾かすのではなく、まずは水分をタオルできちんと拭いておくのも大切です。

 

特に髪の毛が長い女性の場合、ある程度長い時間かけてドライヤーで乾かすことになるため、熱風を当てている時間が長ければ長いほど髪はダメージを受けてしまいます。

 

そのダメージを防ぐためにも、まずはタオルで予め水分を取っておいてからドライヤーを使うことが重要です。

 

また、ゴシゴシと擦りつけるようにして髪を拭いている人がいますがこれは良くありません。

 

擦って乾かすとどうしてもキューティクルがはがれてしまいやすくなってしまいます。

 

アミノ酸系洗浄成分の商品など値段も高めなシャンプーや、ツヤを出せるトリートメントを使っているから大丈夫と思っていませんか?

 

でもこういった基本的なヘアケアが出来ていないと、どれだけ良い商品を使ったとしてもその効果は半減してしまいます。

 

濡れた髪に厳禁なのはズバリ「摩擦」です。

 

冒頭でも書いたシャンプー前に汚れを取ることと同様に、タオルドライの時はできるだけ髪を擦り合わせないようにしましょう。

 

乾かす時は髪を少量ずつ包んで水分をタオルで吸い取るようにするか、両手で抑えるようにして水分だけを取るようにしましょう。

 

男性の方は早く乾かしたいからとゴシゴシと擦る方が多いですよね。

 

女性はそんな事はしないと思われるかもしれませんが、私の周りでも意外と多いんです。

 

ここで書いたのは基本的なヘアケアの方法ですがとても大切な事です。

 

早く乾かしたいからといって、雑に髪の毛を扱ってしまうのはNGですので気をつけましょう。